読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どこかを示す羊

とりあえず続ける雑記なブログ

献血に行った私が学んだ5つのこと

日記 献血 趣味

趣味の一つである献血に行く


私は秋葉原のakiba:Fに行くことが多い
秋葉原には電気街口に献血ルームが出来た時から来ていたが
akiba:Fが出来てから成分献血が出来なくなったのでこちらに変更している
akiba:Fはフィギュアの展示もされていて
今は艦コレがディスプレイているようだ

受付で成分献血を申し出ると
相変わらず混んでいるらしい
私のように何度も献血したい人が居るのだろうか?
全血400mlの方が明らかに採血時間が短い
それでも次の献血が3ヶ月後まで出来なくなる
私は定期的に献血したい衝動に駆られるのでなるべく成分献血を選んでいる
時間はあるのでそのまま成分献血で受付を済ませ
待ち時間が出来たのでドリンクコーナーに行く
採血前の水分補給は大切なんだ。
決してドリンク目的だけで来てるわけでは無いんだ。

久しぶりに来てみるとドリンクの
ラインナップが変わっていて衝撃を受けた

な、何なんだ!?
このシーフーちゃんって!?!?

私の記憶ではポテトポタージュがあったはずのその場所
シーフーちゃんと書かれているではないか

基本的に目の前にあるものを
人が食べているのに自分だけが食べれないのが気に入らない質の私は迷わずプッシュしていた

こ、これは…
カップヌードルシーフード味!

採血前は温かい飲み物を飲んでおいたほうが良いし
もちろん美味しいのでこれからも選ぼう

まだ呼ばれることも無さそうなので待ち時間や採血中に読むコミックもついでに選んでおく
七つの大罪弱虫ペダルなどの流行ってるものや
ドラゴンボールJoJoハンターハンターなどの人気のタイトル
ちはやふるや俺物語、ガラスの仮面なんかもあって何度来ても退屈しなくて済む

名前を呼ばれ受付に行くと
献血回数が2桁を超えているがしっかりといつもの確認がされる
輸血される側の安全のために大切な事だ
そういえば、本人確認が生体認証に変わり
体調などの確認もカードに登録する方式になり
献血の受付もハイテクになったものである
採血前の検査の結果も良好で無事通過
ベットの準備待ちにも温かい飲み物を追加して私の方も準備する
ご飯から間もあいているのでお菓子も食べて待つ
採血中のお供はドラゴンボールを読み返すことに。
食べながら待っていると呼び出しの音楽が鳴る

ちょっと待って!
飲み物持ってきたばかりで熱いからすぐ飲めないんだけど!!

しょうがないのでゆっくり飲んで行く
担当の人も大丈夫ですよと言ってくれるので
もし同じような状態になったら焦らずにゆっくり飲んで大丈夫だ

ベットに横になっていよいよ採血が始まった
ドラゴンボールは片手では読みにくかったが持ち込んだ分が残り15分ぐらいで終わってしまう
そんな時一つのステッカーが目に入ってきた
いつの間にか採血室は携帯電話が使えるようになっていた
流石に電話をかけて通話することはできないが。
折角なのでこの日記を書いていくことにする

時間を有効活用していると採血が終わっていた

ベットから起き上がるときにフラッとしてしまう人も居るだろう
そんな時は腹筋に力を入れて起き上がるとフラッとしにくい

無事にロビーで水分補給をしながら休憩していると
献血カードを職員の人が持ってきた
一緒に持ってきたのは献血ちゃんのブランケットとチョコレートの詰め合わせ
ブランケットは携帯メール会員倶楽部に登録している人にプレゼントしているものらしい
携帯メール会員倶楽部に登録していると献血カードが献血ちゃんデザインにも変更出来る
献血ちゃんはかわいいので私は好きだ
チョコレートの詰め合わせはバレンタインデーが近いかららしい

チョコレートももらえたし
久しぶりに献血出来たし
満足して帰った

そんな私が学んだことは次の5つだ

1:水分補給し放題
普段は飲まないようなドリンクも試せる
流石に人としてファミレスのドリンクバーのようにミックスはしないと信じている
それでもミックスをしたければ
自動販売機の形なので
2倍飲むことになるのだけれど


2:栄養補給し放題
置いてあるおせんべいやクッキーなどのお菓子も食べてて良いので小腹が空いていても大丈夫
それでもご飯抜きは倒れる可能性が高くなるので食べてくることをお勧めする


3:コミック読み放題
揃えるのを諦めた長編コミックが並んでいたりするので有意義な時間を過ごせる

読みたいシリーズがあれば1〜3まででネットカフェに行くより良いかもしれない


4:徳を積んだ満足感を得られる
自分の時間と血液が何処かの人の役に立つと思えば悪い気はしない


5:人と会話が出来る
友達が居ない私には休日に会話する人と言えば子どもたちとうちのかみさんしか居ない
そんな私が気兼ねなく他愛もない会話が出来るのが献血ルームの職員の人たちだ
淋しい時も笑顔で迎えてるいい人たちである



私は献血ルームのまわし者では無いが、
私の趣味が鼻で笑われないように献血人口を増やそうと思っている
明日の2/14にチョコレートをもらうために献血ルームに行ってみるのもありだと思うよ!