読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どこかを示す羊

とりあえず続ける雑記なブログ

子どもとハーネスとベビーカー

考え方 子どもたち

人気のエントリーにADHDと診断されたお子さんを持つお母さんが

「ハーネスは命綱です」

と書いた記事が上がっていた

 


多動児にとってハーネスは命綱です。世間の皆様のご理解をお願いします。 - うちの子流~発達障害と生きる

 

そちらの記事のコメントにも書いたが、

コメントまで見ない人も居るし

そもそも承認してもらえるかもわからないので

私の考えを示したい

 

 

極端な話、

ベビーカーだって言ってしまえば台車だろう

それなのにハーネスはダメって言うのは変だ

子どもを荷物扱いするのは認められる変な世の中。

 

 

 

そう、子どもを台車に乗せて自由を奪い運動もさせず

あまつさえ親同士で話し込んで放置することが許されているおかしな世の中である

 

それなのにハーネスで繋ぐのは犬の散歩みたいでダメと言う

 

子どもたちだって自分の興味があるものを見たいし走り回りたいはずだ

 

しかし、それをさせると

迷子になったり

階段や段差から落ちる恐れがある

そして、車や自転車にぶつかって怪我をするリスクがあるし

更には加害者になって怪我をさせるリスクもあるのだ

 

そういう部分から犬はハーネスを着けさせられてるはずだ

なら、人間の子どもだってハーネスを着けるという選択肢があっていい

現に商品として販売だってされている

 

売られているものを使って怒られるのは日本人の特性なのだろう

 

 

『わしらが楽できなかったのになんでお前だけ楽してるんだ!!

お前だけが得しているのが気に入らん!!

別にわしが損してる訳じゃないが気に入らん!!』

 

『アレって便利そうね〜

だけど、使ってる人いないしやっぱやめとこ。

あら?あの人アレ使ってるわよ。

誰も使ってないのに変な人ねぇ。』

 

 

日本人ってそんな感じだよなぁ

 

 

それでいて怯まず使う人たちが増えれば

 

 

『みんな使ってるからアレって便利なんだわ!

使わないと!!みんなと一緒じゃないと!!!』

『みんなが得してるなら文句は言わん。

お前だけ得してないなら別に気にせん。』

 

ぶたおさんが言うところの

みんな一緒教である

 

 

ベビーカーだって昔はマイノリティで抱っこ紐が主流だったのが

今では逆転している

記事を見てハーネス使う人が増えれば

ADHDじゃない子どもたちだってハーネス着けさせられるに決まってる

 

それでも、大変な親たちが子どもにハーネスを着けても責められない世の中に変わるならそれでいいと思う

 

とりあえず、受け入れられなくても否定する必要はないんじゃないかな?

あなたが使わなければいいだけの話なので。

 

 

へばな