読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どこかを示す羊

とりあえず続ける雑記なブログ

今更アニメ版ガラスの仮面の感想

この前アニメ版ガラスの仮面が終わってしまった

珍しく毎週楽しみに見ていたアニメだっただけに
終わってしまってものすごく寂しい
 
 
番組表にタイトルが並んだ時に
恐ろしい子…』のセリフを見てみたい!
って興味だけだった
実際見てみたらすごい面白くて毎日楽しみになるぐらいのものだった
 
 
昔流行ったんだから面白いに決まってるだけど
ストーリーがしっかりしてる安心感が半端ない
 
 
話は
なんのとりえもない少女マヤは
ドラマや演劇にだけは何故か興味があり
仕事の手が止まるほど特別な集中力を見せていた
その集中力は一度見ただけの時代劇のセリフを真似できるぐらいのものだった
公園で子どもたちに披露しているところを
月影先生がたまたま見かけてマヤの才能を見出す
そこから演技の指導をするようになるが
月影先生が持っている紅天女の上演権が欲しい大都芸能の妨害により
散りじりになってしまうとか
生涯のライバルになる天才女優のアユミさんにあったり
芸能界から追放されて戻ってきたり
いろいろあって
月影先生紅天女を託してきえ、
2人の天才女優がどう成長していくのか
みたいな終わり方だった
 
 
最終話を見るまで、
マヤが才能を見出されいろいろあるけど
演技が好き!紅天女をやってみたい!やりたい!!
という思いで成長し紅天女を託されていくサクセスストーリーだと思ってた
 
 
だけど最終話を見終わった時
コレって
自分の命が短いことを悟っている月影先生
演技は素人の才能があるマヤと
類稀なる演技の才能を持った天才アユミさん
2人の後継者を見い出し競わせ
自分の生涯に等しい紅天女を託しても
将来に期待できるまでに育てることが出来た
っていう月影先生の話だったんだなぁ
と分かった
 
 
そう考えたら
「これからの2人の成長にご期待ください!」
みたいな終わり方だろうがスッキリ終わったんだなって思えた
 
 
最終話まではマヤの人間模様と成長具合で面白かったし
最終話でスッキリ終わるし
昔流行るだけの理由があったね
 
 
言っておくけど、これはあくまで私の感想だし、アニメ版しか見ていないから
その解釈は間違ってるとか
漫画版のほうがよかったとか
言ってもらっても構わないけど言われても困りますからね!
 
 
追記
調べてみたら東京ムービー版の再放送みたいですなー
ちゃんとした?あらすじ等知りたければWiki版を見てね!
 
 
へばな!