読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どこかを示す羊

とりあえず続ける雑記なブログ

映画『チョコレートドーナツ』は本当の親の物語

日記 映画 子どもたち

3連休なものでTSUTAYAで旧作・準新作100円セールがやっていた

本当はティンカーベルの最新作とかすごくみたいのだが

今回は別な映画をたくさん借りていくことにする

 

準新作ランキングの棚を歩いていくと

もてラジで人気の『チョコレートドーナツ』が並んでいたので

速攻カゴに突っ込んだ

 

チョコレートドーナツ(字幕版)

チョコレートドーナツ(字幕版)

 

 

帰って早速みてみると3回ぐらい泣いてしまった

私の周りのみた人が全員絶賛していた理由がうなずける

とりあえず時間を作ってみるだけの価値はある

絶対に見てほしい

Wikiのストーリーにはネタバレがあるので読まないで見ることをおススメする

 

 

 

ここから先は若干ネタバレを含むが感想を書きたい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 冒頭は一人の少年が夜の街をさまよっているシーンから始まる

?と思ってみていると

 

ドラッグクイーンのショーに場面が変わり

一人のスーツの男性がバーのカウンターに座った

メインボーカルのルディがその男に目を留め、興味があることを示して色目を使う

その結果スーツの男が楽屋まで訪ねてきた

その後、二人は車でお楽しみになったのだが運悪く警察官に見つかる

ルディが挑発すると警察官は憤慨して銃を抜き出した

それをスーツの男が法律を持ち出して平和的にその場を収める

驚くルディにスーツの男は検察局員だと告げる

そして別れの際に連絡してほしいと名刺を渡した

 

 

検察局員のポールと別れ、部屋に戻るルディが

アパートの廊下にお人形が落ちていることを見つける

大音量の部屋のドアをたたき、母親に人形を返した

子どもの耳が心配だから音量を下げることを提言するのだが

母親は「オカマ野郎には関係ない」と一蹴する

部屋に戻りしばらくすると廊下から声が聞こえ

先ほどの母親が子どもを残して出かけるところが見えた

朝になり大家が家賃の取り立てにやってきてしぶしぶ現金を渡す

明日までに残りの家賃を払えという大家に

母親が出ていった部屋の音量を注意しろと文句を言うのだが取り合ってもらえない

部屋のドアが開いているので躊躇しながらも怒りが勝ち

スピーカーの電源を落としに部屋に乗り込んだ

部屋の隅に少年が座っていることを見つけ「母親は帰ってきたのか」とたずねる

「帰ってこない」と示す少年はダウン症であることが分かった

普通ではない少年・マルコを放っておくことが出来ず家に連れて帰ったのだった

 

家庭局に連絡すれば施設に入れられてしまうことが分かっている

どうにかしたいと考えたルディは名刺を頼りにポールに連絡する

しかし電話を取り次いでもらえないためマルコを連れて検察局へ怒鳴り込む

助言を求めるルディにポールは「家庭局へ連絡しろ」と言い放った

失望して出ていくルディにポールは「お金が欲しいのか?」と追いすがる

それを聞いたルディは「恥を知りなさい」と切り捨てた

 

ルディとマルコがアパートに戻ると大家と家庭局員がマルコの部屋を捜索していた

母親が薬物所持で捕まったのでマルコは家庭局で引き取られ施設に入ることになってしまう

他人であるルディにはどうすることもできずマルコは連れていかれてしまった

 

その夜ステージに立つルディの元へポールは再びやってきた

ポールに送られて帰るルディは窓の外に

家に帰るべく施設を脱走していたマルコを見つける

そんなマルコをルディは家に連れて帰り朝食を出してあげた

施設に戻すぐらいならマルコを引き取りたいと考えているルディをみて

ポールは持てる知識と力を駆使してマルコの監護権を手に入れた

 

それから3人は家族として暮らしていたのだが

ポールは上司に大きな案件を任せるから親睦を深めるため

家のパーティにマルコとルディを連れてこいと言われる

パーティでの2人の様子からゲイであることがバレてしまう

ポールは仕事を失い、マルコはルディたちと引き離され

施設に戻されることになってしまった

 

そこからルディとポールのマルコの監護権を取り戻す戦いが始まった

 

このルディとポールがマルコを取り戻すための戦いが泣ける

特別プログラムの先生などの証人として呼ばれる人たちから

ルディとポールのマルコへの愛情が語られていくたびに

家族でいたい3人に対する今の理不尽な状況が辛くて泣けてくる

 

そんな親としてこれ以上ない愛を持っている2人にでた

最初の判決は「監護権を認めない」だった

親としての力が有ることは認められたのだが、

「同性愛者がオープンでいることを正常であると子どもが考えてしまう恐れがある」

からダメらしい

 

同性愛者である分には構わないけど隠れてやっていろ!

と言うのが今の社会なんだな

マイノリティは意味もなく無条件で叩き潰す社会が出来上がっている

のはなんとか変わるといいな

 

 

 

へばな