読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どこかを示す羊

とりあえず続ける雑記なブログ

1日なので映画でも観に行く

日記 映画

今日は1日なので

丸亀製麺で釜揚げうどんが半額だったり

映画が安かったり

ポイント3倍デーだったり

いろんなところでイベントをやっていた






せっかくなので映画を観に行こうと考えて

上映スケジュールを確認する

炎上Tweetで話題の「進撃の巨人」が公開当日だったりするのだが

まったく興味がない


「アヴェンジャーズ エイジオブウルトロン」は観たい

「ターミネータ」もやってる

「バケモノの子」も面白いって聞いた

その中で「ミニオンズ」が目に付いた



dtvに登録してた時に「怪盗グルーの月泥棒」を見せたせいか

最近CMでミニオンズが出ると子どもたちが興味を持っている

3歳と5歳になったし、映画デビューをさせてあげても大丈夫だと信じたい

そういう訳で座席を予約する

一応何かあってもいいように通路の目の前の席にする

視界も開けて気になるものは何もない



座席の予約も出来たので今日の予定を発表する

子どもたちは大喜びで張り切って準備を始めた

普段からこれぐらいやって欲しいものだけど。



子どもたちの頑張りによって順調に出発し予定より早めに到着してしまった

映画館に着いたらまだ50分ぐらい余裕がある

これから上映される映画を眺めていると

「ファンタスティック4」と「パックマン」が目にとまる

これは楽しみが増えるね


子どもたちはというと

上はドライブのリーフレットを大切に持ち

下はプリキュアのリーフレットを手にして喜んでいるではないか

まぁ、好きなものがあるって良いことだよ

親としては出費がかさむけどさ



上映前にトイレを済ませて準備万端

入り口前で待っていても『早く入ろう』と急かしてくる

入場のアナウンスを聞いてきちんと列に並ぶあたり、

目的があると子どもはしっかりしてるなぁと感じる

子ども用シートも自分たちで抱えて座席に向かう

通路の一番前なのですぐに到着


暗いのが心配だったが、一応大丈夫なようだ

予告編の時はスナックを食べて静かにしてもらう

リーフレットでみた「パックマン」は「ピクセル」って映画らしい

ゲームを宇宙に送ったらゲームキャラクターが地球を侵略しに来たって話みたいだ

それぞれのゲームチャンプ的な人が呼び出されて

リアルで攻略し侵略に対抗するって内容

ゲームの結果が地球の運命を決めるとかワクワクするじゃないか!

それからいつもの映画泥棒がはいったのでそろそろ時間だ

子どもたちからスナックを回収して映画に集中させる



冒頭からミニオンズのボイスパーカッションから始まってくすりとしてしまった

子どもたちにはこういう始まり方は良いかもしれないと思う

そこから小さな細胞のような生物達が争い合うシーンになり

ミニオンズの説明がナレーションではいってくる

強い生物の後ろには小さな黄色い生物がくっついてまわり

尻尾が生えたり手足が生えたり徐々に進化していく

追いかける生物が陸に上がったことからミニオンズも陸での生活に変わりBOSSを探し続けたのだった

そう、ミニオンズの目的は一つ

「強い悪者のBOSSに仕えること」だったのだ



いろいろなBOSSに仕えるのだが、ミニオンズのドジのせいで

次々とBOSSが居なくなってしまう

そうしているうちに氷の洞窟に辿り着いて

ミニオンズだけの社会が出来上がり楽しく暮らしていけるかと思えたのだが、

やはり仕えるBOSSが居ないと張り合いがなく

ミニオンズにやる気が無くなってしまった



そんな時ケビンが立ち上がり、

「BOSSを探す旅に出る」と言いだした

話を聞かず寝ていたスチュアートと

やる気だけはある小さなボブを連れて

3人の冒険が始まった



3人は無事にBOSSを見つけることが出来るのだろうか?

BOSSの居ないミニオンズ達の運命は!?



って話

私は怪盗グルーをみてなかったけど、

グルーに出会う前のミニオンズの話なので普通に楽しめた


笑えるしハラハラするし安心してオススメできる映画だった



へばな