読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どこかを示す羊

とりあえず続ける雑記なブログ

青森遠征その2「1日目 暗闇の中の行軍」

日記

とうとうこの日がやってきた

 

午後に上の子の習い事があるので出発は夕方になる

それまでは足り無い分の準備や掃除をしておく

そうこうしてる間に出発時間にが近づいてきた

ビデオカメラのメモリを消し忘れていることに気がついた

急いでコピーの準備をするのだがかーなーり時間がかかる

諦めて持ち出したPCでコピーすることにする

 

 

最後にバタバタしたが忘れ物がなく家を出発できた

上の子の習い事も無事に終わった

その後に早めのご飯を食べてから本当の戦いに向かった

大体18時ぐらいだった

 

 

Googlemapを頼りに高速に乗る

首都高は帰る人で混み合っていた

それでも普通に流れていたのであまりストレスなく常磐道に乗ることができた

子どもたちはDVDで大人しくしている

1つ目のDVDが終わり2つ目のDVDが終わったぐらいで

疲れてうちのかみさんと選手交代した

 

 

その頃には子どもたちが寝てくれていて快適な運動環境になっていた

しかし、外はそうではない

車は少ないのだが灯りがあまりない区間が多く車線が見辛いのだ

それでもハイビームを駆使して進んで行った

 

半分ぐらい進んだところだろうか、

ガソリンメーターが半分過ぎている

そろそろ給油しておきたいのだが緑看板にガソリンスタンドのマークが出てこない

不安になりながら検索すると次がちょうどスタンドがあるSAだった

なんとか無事に給油が完了

運転も交代して再び出発

次にガソリンスタンドのマークが出てきたのは100kmぐらい進んだ後だった

高速道路では早めの給油が大切だってことを思い知らされたね

 

 

それから2度目の給油と休憩をしたあたりで子どもたちが一度目が覚めた

お菓子を食べさせているとまた寝てくれたので助かった

 

 

そろそろゴールが近づいて県の有料道路に入った

山の上を走っていくと霧が出てきた

フォグランプを点灯させようとライトをいじると

真っ暗になった!!!

間違えてOFFまで切り替えてしまったのだ

すぐに戻したので問題ない無かったが心臓がバクバクしている

カーブで操作しなくて良かった

 

 

大きなアクシデントはそれだけで

なんとか3時ぐらいに到着できた

やっぱり疲れるなぁ

 

 

 

つづく