読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どこかを示す羊

とりあえず続ける雑記なブログ

呪怨は続いていく

日記 映画

まさかのdokuhuntさんと呪怨で被るとは思わなかった

dokuhunt.hatenablog.com

私のは録画しておいた最初の劇場版呪怨だったのだけど
 
 
一番怖かったのは冒頭のシーンなんだけど、
父親が何であんな行動をとったのかがわからなかった
説明があると思いきや何もないし消化不良になっていたところを
dokuhuntさんのエントリーを読んで補完出来たから良かった
 
 
そこからは俊雄くんがいつ出てくるか、どんな風に出てくるか想像して
怪しいシーン毎にガクブルしつつも
くるぞくるぞ!って騒ぎながら見てたから面白かった
Movieラボで言っていたようにホラーはエンターテイメントなんだなぁと
実感できた映画だったな
エレベーターのシーンは特に笑えたんだけど共感してくれる人は居るんだろうか。
 
 
本編は人が倒れるか連れて行かれる度に主人公(被害者)が切り替わる形式だったけど
龍騎の編集長が出てきて何故か嬉しくなった
 
私は俳優の名前は最初に認識した名前でしか覚えられないようで、
だいたい仮面ライダーで覚えてしまってる
 
困らないからいいけど。
 
結局途中から最後までよくわからなくなったけど面白かったな
 
 
面白くてもやっぱりホラーなので見終わった後は
洗面所や廊下の電気を全部つけないと怖かったけどね!
 
 
 
呪怨だと明るくてもお構いなしに襲ってたから意味なさそうな。。。
 
 
へばな!