読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どこかを示す羊

とりあえず続ける雑記なブログ

二次創作におけるキャラクターの役割

なんでこんなこと書いてるかというと

暇なものでうちのかみさんが収集している薄い本を読んだのですよ

まぁ、BLなのですが。

 

BLだろうが何だろうが二次創作っていいですね

何がいいって、登場人物の名前をいちいち覚えなくていいってところ。

余程のドリーム本じゃなければ大概は原作に出てきたキャラクター達で構成されている

新しい物語のはずなのに知ってるキャラクターが使われているから「コイツだれだっけ?」が起きない

 

キャラクターに思い入れがある人にとっては

「あの子はこんな性格じゃない!こんな行動するわけない!!」

なんて対立する話なのだろうけど

私にとっては違和感よりアイコンとしての利便性が勝っていたようだ

 

あとは、一定の共通認識があるから

制限された枠組みの中でいかに創作していくかが良いんだろうね

なんか知らないけど追加された共通認識もあるようだけど。

 

そんな感じ。

 

へばな